FC2ブログ
2018 / 11
≪ 2018 / 10 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2018 / 12 ≫

ウクレレレッスンって文字にすると レが多いね(笑)
レレレのレ(昭和)


ウクレレ初レッスンだったよー。
買ったはいいけど、ピアノの練習もままならない最近。
チューニングは、1回ほどしたんだけど、
どうも変な感じで・・・。
音があってないのか、弾き方が間違っているのかも わからず、
ほぼ1ヶ月ほど 放置状態でした。

部屋に置きっぱなしのウクレレを見るだび
切なかったので、
ウクレレレッスンは、ごっさ楽しみにしてたよ。

そして、ウクレレのレッスンて、どうやるんだろう?という好奇心。


最初は、ドレミファソラシドからやるのかなー。とか思っていたら、全然違かった。

レッスンはじめのアンケートで、
コード弾きは興味がないと伝えていて
(歌いながら弾くとか、すっごい嫌だし!!)
だからかもしれないけど、最初から
「どんな曲を弾きたいですか?」と聞かれた。

流行りのJPOPとかは古くなるから嫌だと伝え、
みんなが知ってる曲がいい。
レパートリーとして 1曲弾ける曲が欲しいと、
生意気にも正直な気持ちを言った。


この教室の特色なのかもしれないけど、
生徒さん(お客さん?)の意見丸呑み状態。

いろいろ相談して
ディズニーの「イッツ・ア・スモールワールド」に決定!!

しかし、ここからが衝撃であった。

想像では、ウクレレの初心者楽譜を教室で用意してくれるか、
もしくは買わされる(言い方悪い~笑)と思っていたのたのだが。

なんと先生が、いきなりTAB譜を手書き!!

1音づつ「上から何番目の弦の何個目のフレット抑えて」と確認。
それを そのまま、先生が紙に書いてゆくという。。。

レッスン中で
「世界中、誰だって~」の部分まで完成(笑)
どんな感じか写真にupしたいけど載せてよいものかわからないので やめておくけど、
すんごい手書き感丸出しです。

月一レッスンなので、このスピードだと、1曲完成に 何年かかるんだ??

でも楽しかったから、いいや。

次回のレッスンでは、チューニングの方法教えてくれるって。

スポンサーサイト

ずっと怠くて病院へ行かなくては。って思っていたけど、
グズグズとしているうちに、だんだん治ってきた。ような。
ダルいのに慣れただけかなぁ。
なんだかんだで、来週職場の健康診断だし。

それにしても今更ながら
ピアノ練習って体力いりますねぇ。
仕事行く前とか、寝る前とか、全然時間ないわけじゃなくて、
毎日15分や30分ぐらいの練習時間作れるはずなんだけど
薄ぼんやりと疲労していて気力がわかない。

で、仕事から帰ると、お風呂入ったり夕飯食べて、洗い物とか必要最低限の家事をして、
あとは、ぼんやりテレビの前か、
布団の中ででダラダラ読書。。。

日々のタスクを完了できないフラストレーション。

今週、土日どっちかで「大人のエチュード」動画撮ろうと思ったけど、
土曜日は3時ぐらいまでダラダラしちゃって
夕方は飲みに行ってしまったよ(笑)

船橋に太宰治の家があったところがあって見に行ってきた。
高校生の頃、本当にアイドルのように太宰が好きで、
いや、アイドルというより「恋」のように好きであった。
今は、さすがにそんな情熱はなくなったけど、太宰の家の跡地とか行くと まだ心がザワザワしまする。
同窓会とかで 初恋の人に会うのって こんな感じなのかしら?

地味で、しょーもない高校生時代だなぁ、我ながら。


大人のエチュードのレベルBの1曲め。
ツェルニー「こどものための練習曲 31番」
まだ動画upは 諦めていないので、
忘れないように日曜日に、少し練習した。

あー、これ、電子ピアノじゃないと弾けないやつだ。と気がついた。

2018110512210197f.jpg


こういう隣りに並びあった音階の上がり下りの繰り返しって
電子ピアノの軽い鍵盤だと、速さの均一だけきにかければ
なんとなく弾ける(はず)なんだけど、
ピアノ鍵盤だと難しいのだ。

音のツブを揃えるのも難しいし、
それ以前にトモリカの指筋力では弾ききれないかもしれん。

先月は、井上ゆかりさんのソロコンサート聴きにいって
素敵過ぎて、ピアノへの憧れがグーンと高まってしまって、なんだか切ない。

だって、全然美しく弾けないんだもの。

舞台に上がるような人と比べたってしょうがないけどさー。

でもこの切なさって、高校生の時、わたしが太宰に抱いた切なさに似ている。


ピアノに「恋」?

大人になっても しょーもないなー。

なんか ここ最近、すっごい体がダルいのだが。

まわりの人にいうと「季節の変わり目」とか「更年期」だとか。
まわりの人に聞いてないで病院行けばいいけど、
来月、会社の健康診断があるって思うと、
へんな病気だったら、その時、わかるだろうとか思ってしまう。
はやく病院行けばいいのにね。我ながら、ほんとに。


そして、2回目のピアノレッスン。
褒められるのにも慣れてきたよー(笑)

オジサン、オバサン教え慣れてるみたいで、
高度な要求されないことが 物足りなかったけど、
それは、それで楽になってきた。

ショパン遺作。
案の定、トリルが全然出来ないんだけど、
「こんなんでいいの?」って聞いても
「最初だから。練習してるうち弾けるんじゃないっすか?」って感じ(笑)
でも弾きやすいような 指番号とか、
何度も何度も弾いて「どっちがよかった?」とか具体的に聞いたら、
「そっちのがいい。だったら、こうしてみましょうか?」とか、聞けば わかりやすく説明してくれるし、
先生というより、専属アドバイザー?

やりたくない練習しなくていいし、
やってみたいことを「それは、まだ無理」と却下されることもないし、
聞けば、一緒に考えてくれるし、
大人の趣味のピアノとしては、実によいスタイルなのではないかと思えてきたよ。


大人のエチュードレベルBの1曲めは、あっさり合格。
注意された点は
「まぁ、それでもいいんですけど~、あえて言うなら、1オクターブ間違ってますよ。」
と、いう1点のみ(笑)

てか、さすがに1オクターブ間違えてて、それでもいいってことないでしょ?って、ちょっと思った。


また、近々、動画up予定。
あまりにも あっさり合格だったゆえ、合ってるかどうか わからないけど(笑)

1オクターブは、間違えないようにしまするよ。



今年の10月も、もうすぐ終わりか~。










ここのところ、めくるめく事件が起きてますよ。

消費税10%!!
ポイント還元とか・・・楽天市場かっ!?

それはさておき、
やっとホッと一安心した次男の就職ですが・・・
内定断ってしまったみたいです。
また就活はじめてます。

我が家では、もう次男働きたくない説まで飛び出てますよ。。。。
いつまで子育て続くんだ?


あと、突然に、家をリフォームするとこにしました。
お家ボロボロなんだけど、
子供2人家を出たら、あとは わたしと母だけだし、
母を見送ったらテケオの家に移動しちゃえばいいかなぁと思っていたんだけど、
ひとりで生きていく決心をしたら今!!

最後のリフォームですよ。

ワックスが剥げた床を貼り替え、
バルコニーの錆びた手すりと床を補強し、
剥がれかけた壁紙を貼り、
塗装が剥げた柱を塗り替える予定。

出費ばかり。
働けど、働けど、
生きるとは出費ばかりですな。


大人のエチュードも、とうとうレベルAの曲、
最後となりました。
短調大好き!!

201810160747532c2.jpg


このように たった1ページの繰り返しもない
音符もくすないこの楽譜。
わりと、すぐ弾けるようになって軽い気持ちで動画を撮りはじめたのだけど。

間違う!間違う!
弾いててイライラしてきちゃったよー。

結局、ピアノ動画upは時間切れとなって
自宅の電子ピアノでとなりました。

電子ピアノでも、かなり間違えましたよ...。
ジムノペディぐらいの曲だと、
ひとつやふたつ間違えてもいいやー。って動画upしちゃうけど(え?ダメ?)
これは、間違えたくないじゃないですか。さすがに。
手が震えちゃった。


どんな短い曲でも 1音も間違えないでタッチするって難しいんだなぁ~。
人間だもの。






でも、大人チュードレベルAは、これでお終い。
次からは レベルBだよ。


この動画撮ったの何日か前で、YouTubeに公開しっぱなしにしてたのだけど、
このブログにリンクする前に、すでに再生回数上がってた。
シュンゲラー先生で検索する人いるのかしら?


なにはともあれ、この秋もレベルupしてしまったトモリカであった。



新しいピアノ教室の初レッスン。

前回の体験レッスンのとき、ジムノペディを弾いて
「もう弾けてるじゃないっすかー。ジムノペディって感じですよ。次は新しい曲に入りましょう」と言う話だったので、
今回は、次の曲の相談から。


以前の先生ではジムノペディに関して
「やっと通しで弾けるようになってきたから、あとは完成度を高めていきましょう。」という流れだったのだが。
でも、そのとき「うわぁ。あと半年ぐらいジムノペディになりそうだなー」と ちょっとうんざりしたのも確かなので、
この先生のあっさり感は有難くもあるのだが、
完成度を高めるって どんな教えだったのかぁと 今更気になったりして・・・。

次は何の曲にしたいですか?と聞かれ、
とりあえず今回は、みんなが聞いた事あるようなクラシックがいいです。と言ってみた。
わたしのレベルでは、少ないと思うけど。

そしたら、いきなりベートーヴェンの悲愴第二楽章を薦めてきた!!
いや~、無理無理無理!!
先生が開いて選んでる楽譜は、クラシック100選レベルBだからっ。

せめてレベルAから探しましょうと提案(笑)
「えー、そうっすか?トモリカさんなら弾けると思うけどなぁ。」と あくまで軽いノリ。

いろいろ話し合った結果、ショパンの遺作ワルツイ短調に。

この曲、憧れの曲なんだけど、
前の先生だけじゃなくて、その前の先生にも、
「難しいかも」と却下されたんだよねぇ。

そのことを言ったら
「絶対、好きな曲やったほうがいいですって。弾けないところは ゆっくりでもいいし、好きに弾いたらいいんすよー。勉強じゃないっすから。楽しくやりましょー」
と言う、先生の明るさ?軽さ?に はじめてホッとしたような気持ちになった。

そうだよねぇ。前の先生の時は、1年ぐらいリズムトレーニングしてたけど、
別に上達したわけじゃないし...
好きな曲は やらせてもらえなかったし...

そういえば、ピアノをはじめたばっかりのころは、
好きな曲を無謀にチャレンジしていたっけ...。

そんな感じ忘れてたよ。


そして、つかっかえつっかえ、
右手と左手別々に途中まで ショパンのワルツを弾いてみた。
つっかえ、つっかえ。つっかえ、つっかえ。


そしたら先生が
「ヤバイ、トモリカさん、弾けてんじゃないっすかー。この曲、チャチャっと弾けたら 次、悲愴いきましょー」
と誉められ、また一瞬不安になった。。。


でも この教室で これから頑張ってみようと思います。
それから、ショパンのワルツも頑張ります。




トモリカ

Author:トモリカ
39歳ではじめたピアノ。
そろそろ10年経つけど、いまだに初心者レベル。
そして49歳でウクレレ買いました・・・

趣味だから。
自己満足だから。
好きに弾かせて。